読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るるぷらす

るるぷらす、だおー

SIGMA Photo Pro の調子が悪い時は初期設定ファイルを捨てよう

ここのところ SIGMA Photo Pro を使用すると編集画面が表示されなくて現像が出来ないという問題に遭遇していてメインマシンでまったく SIGMA sd Quattro の RAW 現像ができなかったのだけれど、やっと解決方法を見つけたのでブログに記す。

結果から言うと、対処法としてはすごく単純な初期設定ファイルを捨てるということをやっただけなのだけれど、いままで sigma で検索して出てきた Application Support フォルダ内にある SIGMA_PhotoPro6 と、Preference フォルダ内にある com.sigmaphoto.photopro.sigma_photopro.plist を削除しただけでやってたんだけど、まったく効果はなく、改善しませんでした。

今日ふと photopro で検索したところ SPhotoPro.xml というファイルがあることを発見して、それも含めて下記の3カ所を削除したところ、問題が改善していつも通りに SIGMA Photo Pro が使用できるようになった!

  • ~/Library/Application Support/SIGMA_PhotoPro6
  • ~/Library/Preferences/com.sigmaphoto.photopro.sigma_photopro.plist
  • ~/Library/Preferences/SPhotoPro.xml

嬉しいなぁ。

f:id:egyo2nd:20170428155441p:plain

これらのファイルを削除すると SIGMA Photo Pro の設定がすべてリセットされるので、まずはデフォルトの状態で動作を確認し、問題ないようであればお好みの設定に戻していくといいと思います。初期設定ファイルを削除したことによってカスタマイズしたプリセットとか失われちゃうかもしれないけどね。