読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るるぷらす

るるぷらす、だおー

Sony RollyをMac OS X 10.5 Leopardで使う設定

存在は知っていたけど、特に興味のなかったRolly。でも、

この記事を見た瞬間欲しくなってしまった!!!
てなわけで買いました。
f:id:egyo2nd:20071103002835j:image:w200 f:id:egyo2nd:20071103002834j:image:w200 f:id:egyo2nd:20071103002833j:image:w200
確かに箱は初期のiPodっぽい趣。でも、Rollyが収まっているこのクッションは指輪のような扱い!
これはいい。
まずは箱から出して、テーピングを外しましょう。
f:id:egyo2nd:20071103003210j:image:w200 f:id:egyo2nd:20071103003209j:image:w200
そんでもって、バッテリーが入ってないのでお尻を硬貨でこじ開けます。
バッテリーもすっぽり入れば準備完了です。
f:id:egyo2nd:20071103002832j:image:w200

Mac OS X 10.5 LeopardBluetoothとペアリング

Sony RollyMac OS X 10.5 Leopardと接続するには設定アシスタントでかなり簡単。

  1. まず、RollyBluetoothのスイッチに切り替えます。
  2. 再生ボタンを7秒長押しして待ちます。Rollyの再生ボタンが点滅します。
    f:id:egyo2nd:20071103005121j:image:w200 f:id:egyo2nd:20071102234338p:image:w200 f:id:egyo2nd:20071102234337p:image:w200
  3. メニューバーのBluetoothメニューから"Bluetooth デバイスを設定..."を開きます。
  4. 設定アシスタントが開くので"続ける"をクリックします。
  5. デバイスの種類を選択で"任意のデバイス"を選びます。
    f:id:egyo2nd:20071102234336p:image:w200 f:id:egyo2nd:20071102234335p:image:w200 f:id:egyo2nd:20071102234423p:image:w200
  6. デバイスを検索中になります。左下の"パスキーオプション"をクリックします。
  7. "空のパスキーを使う"を選択して、OKします。
  8. "続ける"をクリックします。
    f:id:egyo2nd:20071102234422p:image:w200 f:id:egyo2nd:20071102234421p:image:w200 f:id:egyo2nd:20071103005120j:image:w200
  9. あとは設定アシスタントが終了するまで"続ける"をクリックします。
  10. 最後にRollyから音声を出力するために、メニューバーのBluetoothメニューから"SEP-10BT"を選び、"ヘッドフォンを使用"にします。

これで、Macの音声出力がRolly経由で再生されます。このままRollyの再生ボタンをダブルクリックするとモーションモードに入り、踊り出します。これがかわいい!
Bluetooth接続していると、Rolly側からMacのiTunesを制御できます。再生、停止、次の曲、前の曲がRollyから操作できます。
f:id:egyo2nd:20071103001119j:image:w135f:id:egyo2nd:20071103001118j:image:w135f:id:egyo2nd:20071103001117j:image:w135f:id:egyo2nd:20071103001116j:image:w135f:id:egyo2nd:20071103001115j:image:w135
最後に、踊るRollyの動画を、、、、と行きたいところですが機材がないので写真でどうぞ。
f:id:egyo2nd:20071103003040j:image:w300 f:id:egyo2nd:20071103003039j:image:w300
f:id:egyo2nd:20071103003038j:image:w300 f:id:egyo2nd:20071103003037j:image:w300
思ったよりも、なかなか良い買い物をしたと思います。

ソニー サウンドエンターテインメントプレーヤー SEP-10BT

ソニー サウンドエンターテインメントプレーヤー SEP-10BT