読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るるぷらす

るるぷらす、だおー

CP+ 2014に行ってきたー。

なんとなく日記っぽい出だしで。

毎年楽しみにしているCP+に今年も行ってきました。今年は金曜日に代休をもらって平日のCP+に初めて潜入してみました。

f:id:egyo2nd:20140214170835j:plain:w300 f:id:egyo2nd:20140129074359j:plain:w200

今年の目的は鉄道写真家・中井精也さんの講演を幾つか見るためにスケジュールを決めました。結局は電車の遅延などもあり、2日目(金)のバンガードの途中から→ニコンソニーエプソンという感じで見ることが出来ました。

f:id:egyo2nd:20140214104148j:plain:w200:rightバンガードではなかなか実物を見る機会のないヘラルダー 39 中井精也スぺシャルモデルをついに見ることが出来ました。個人的にはそれほど大艦巨砲主義ではないので、おそらく買うことはないとは思いますが、その使いやすい構造とかは俄然興味がありました。手に持ってみると想像していたよりも軽くこれはすごいカメラバッグだなーと驚きました。機会があれば使ってみたいけど今回はタイミングがちょっと合わないかなー。

でも、こういった特長を持ったカバンが多く世に出てSNSなどで話題になり、継続して新しい改良をされたカバンが出てくるといいな。カバン好きとしてそういう世の中を楽しみにしています。

f:id:egyo2nd:20140214111103j:plain:w200:leftニコンブースの最初の講演ではフルサイズ機のDfについての講演でした。キヤノン製のカメラを多く使っているのでニコンの機種に関してはほとんど情報を取らないようにしていたんですが、いろいろ聞いていたらその魅力を十分感じることが出来ました。やはり、カメラのディティールは重要で所有欲を満たすことがその機種を愛することにつながって長い間使い込むような名機となるのだと感じました。

f:id:egyo2nd:20140214120837j:plain:w200:right最近のデジタルカメラ市場は毎年毎年あっと驚く新機種が発表されて、それはそれで市場が活発に盛り上がっていることなので良いことなのでしょうが、カメラを大事にする愛する気持ちが少なくなってしまったのはなんだか寂しい感じがします。新機種が出たら旧機種を売り、新機種を買うというのはガジェッターとしてよくある姿ですが、少し反省。。。

Dfのフルサイズとしての性能は素晴らしいと感じましたが、それでレンズ資産も含めてニコンのカメラに乗り換えるというのはちょっと難しいと思います。しかし、この見た目のディティールは使ってみたいという興味をそそる良いデザインだと思います。ニコンユーザー羨ましいな。

続いて、ソニーブース。α7Rで旅した北海道の作品「鉄道浪漫+α」のスライドショーから始まりました。こちらもDfと同じコンパクトフルサイズ機ですが、Dfを見た後だとこのディティールははちょっと残念な感じ。ソニーブースではお得意の4Kパネルを使ったモニタで写真を見ることができたのですが、シャープネスが掛かり過ぎと感じたのはこの4Kパネルの特性なのかなー?カメラの特性なのかなー?ほんわりふんわりの写真よりもバリバリな写真に向いている気がしました。そういう意味では北海道の冬の写真は相性の良い組み合わせでした。この日のこの回の講演では機材トラブルが発生して最後のスライドショーがうまく見れなかったのが残念だったー。たぶんおそらく4Kパネルへ3出力で分岐していたので動きのある映像を出した時にデータレートが追いつかず、バッファオーバーしたんじゃないかなと感じました。ソニーの技術の復権はまだ遠いかもしれない。。。なんてね、単にスプリッターが熱暴走したんだと思うよ。w

ここでお昼。お昼は2階のそば屋で横浜ラーメンを食しました。もちろん配布されていた50円割引のクーポンを使ってね。

f:id:egyo2nd:20140214133746j:plain:w250

ご飯を食べたら急いでエプソンブースへ。今回一番楽しみにしていた「写真愛好家向けの濃い内容」を見に行きました。プリンタは過去エプソン製品しか買ったことありません。エプソンプリンタの色再現度が自分の好みに一番合って、その信頼性がいつも購入の決め手です。エプソンの講演では、写真をもっと飾ろうというテーマのもといろんなTIPSを交えて教えてくれました。実用性抜群のプレゼンテーションを写真で撮るので精一杯。でも、写真を飾るといういままであまり考えなかったことに気づくいい機会になりました。いままで撮った写真はハードディスクの肥やしになる一方なので、これをどうにかしたいとは常々考えていました。保存性を考えると実は紙焼きしたほうが写真を撮った時の想いが長い間残るような気がして、去年、EPSON EP-805AWを買いました。写真をアルバムに整えることをやり始めたばっかりですが、飾ることについても今後考えてみようと思います。

次は、中井精也さんの講演追っかけから外れて、話題沸騰新製品のあるシグマブースへ行きました。山木CEOの講演をやっている隙を突いてdp2 Quatroのおさわり列に並び、待ち時間20分ぐらいで触れました。シグマの製品はレンズから入りました。タムロンよりシグマのレンズのほうが好みに合うのを感じてからシグマは気になるメーカーになりました。それからDP2x、DP1 Merrillを購入して現在愛用中。

f:id:egyo2nd:20140214152627j:plain:w250:rightその新製品が出るとあっちゃー気になる気になる。ということで触ってみました。まだまだ開発途上のα機でしたが、標準で搭載された水準器のレスポンスが思いの外、良くて驚きました。噂の持ち手は、ファーストインプレッションでは持ちにくいとしか考えられませんでしたが、使えば馴染むという話を聞いてまだ評価は持ち越しという感じです。バッテリーの持ちについてはまだまだ決まってない感じだったのでこれからの開発に期待して後にしました。買うとしたら断然dp3 Quatroが欲しいです!!

そのほか、キヤノンブースでG1Xmk2を見たり、RICOH THETAで遊んだり、ぐるーっと一周した後に、御苗場に向かっていろんな作品を堪能しました。雪の平日ということもあり、大変空いていたおかげで、じっくり作品を見ることができました。最終日の御苗場はすごい混雑だったっぽいので、また平日に来たいです。

今回のCP+は大雪のため土曜日の開催が中止になるなど、出展者や各講師の方々は大変な残念な思いをされたようですが、最終日の盛り上がりは良かったらしいので、ホッとしました。また来年(平日にw)会いましょう!

大雪の中、お疲れ様です。ありがとうございました。

f:id:egyo2nd:20140214170624j:plain:w300