読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るるぷらす

るるぷらす、だおー

Macに接続したiPhoneでインターネット共有状態になるのを防ぐ

iPhoneの機能であるインターネット共有を有効な状態でMacに接続すると予期せずインターネット共有状態になってしまい、キャリアの回線でMacが通信してしまうことがあります。

f:id:egyo2nd:20141102203512p:plain:w200 f:id:egyo2nd:20141102203528p:plain:w200

これを防ぐためにMac側のシステム環境設定からiPhoneのネットワークを無効にします。

  1. システム環境設定 > ネットワークを開きます。
  2. iPhoneのネットワークを選び、下の歯車をクリックします。
    f:id:egyo2nd:20141102204004p:plain
  3. 「サービスを無効にする」を選びます。
    f:id:egyo2nd:20141102204023p:plain
  4. 最後に適用をクリックします。
    f:id:egyo2nd:20141102204125p:plain

これでUSBテザリングによるインターネット共有を禁止にすることができ、iPhoneの画面からもあの青い帯が消え去ります。

めでたしめでたし。

追記(2016/2/20)

OS X 10.11 El Capitan 以降では「必要ない場合は無効にする」という機能が追加されて、基本的に予期せずインターネット共有状態になることは無くなりました。iPhone のインターネット共有が有効になっていても、その Mac がインターネットに接続していない場合のみ USB テザリングが機能するようになります。

f:id:egyo2nd:20160220144900p:plain

強制的に USB テザリングで繋ぐには、下の歯車アイコンからサービスの順序を選び、iPhone USB ネットワークの優先度を上げて「必要ない場合は無効にする」のチェックボックスをオフにすると USB テザリングが開始されます。