読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

るるぷらす

るるぷらす、だおー

OS X Mavericks の USB 起動インストーラを作る手順

 

追記(2015/08/04)

 

 

オススメ手順

以下、古い方法

いよいよ今日 Mavericks がリリースされましたね。複数Mac でその都度 Mavericks をダウンロードしてはトラフィックが勿体ないのでいつもの様に USB から起動できるインストーラを作ってみようと思います。

ネタ元:How to: Create a bootable OS X Mavericks USB Flash Drive from original App Store package | 9to5Mac

以前の方法では作れなくなっており、一手間かける必要が有るみたいです。それでもこの記事の手順に従えばだれでも Mavericks USB 起動インストーラを作れるはず!

準備するもの

  • 出来るだけ高速な 8GB 以上の USB メモリ
    Mac のポートが USB 2.0 でも、USB 3.0 メモリを使ったほうがコピーやインストールが早く終わるのでオススメです。

Mavericks のインストーラを作る

まず、OS X Mavericks を Mac App Store からダウンロードします。

f:id:egyo2nd:20131023135613p:plain

ダウンロードの進捗は Launchpad などで確認してください。

f:id:egyo2nd:20131023132536p:plain

ダウンロードが終わると OS X インストールが起動しますが、スルーして終了します。

f:id:egyo2nd:20131023132613p:plain

アプリケーションフォルダにある OS X Mavericks インストール を探します。

f:id:egyo2nd:20131023132651p:plain

OS X Mavericks インストールを右クリックして、パッケージの内容を表示を選びます。

f:id:egyo2nd:20131023132722p:plain

Contents > SharedSupport にある InstallESD.dmg をデスクトップにコピーします。

f:id:egyo2nd:20131023132737p:plain

そして InstallESD.dmg を開きます。

f:id:egyo2nd:20131023132755p:plain

f:id:egyo2nd:20131023132803p:plain

不可視ファイルを表示させるように設定します。これはユーティリティやターミナルのコマンドで不可視ファイル表示を有効化してください。

ターミナルコマンドでは、下記のコマンドで実現できます。

% defaults write com.apple.Finder AppleShowAllFiles YES

% defaults write com.apple.finder AppleShowAllFiles -boolean true

% killall Finder

f:id:egyo2nd:20131023132905p:plain

すると InstallESD.dmg の中身がこのように表示されます。

f:id:egyo2nd:20131023132923p:plain

不可視ファイルの BaseSystem.dmg をデスクトップにコピーしてください。

USBメモリMacにマウントして、ディスクユーティリティを起動します。USBメモリは事前に GUID パーティションテーブルの Mac OS 拡張(HFS+) でフォーマットします。

f:id:egyo2nd:20131023133122p:plain

オプションをクリックするとパーティション方式を選べます。

f:id:egyo2nd:20131023133230p:plain

適用するとメッセージが表示されますのでパーティションをクリックしてください。

f:id:egyo2nd:20131023133353p:plain

左側からフォーマットの終わったパーティションを選択して、復元タブを表示します。復元タブのソースを BaseSystem.dmg 、復元先をこのパーティションに設定します。

f:id:egyo2nd:20131023133441p:plain

復元をクリックするとメッセージが表示されるので消去をクリックします。

f:id:egyo2nd:20131023133527p:plain

続いてパスワード入力。

f:id:egyo2nd:20131023133548p:plain

復元が終わるとパーティションOS X Base System という名前に変わります。

f:id:egyo2nd:20131023133948p:plain

まだ終わりじゃないよ。

OS X Base System を開き、System > Installation を開きます。ここにある Packages のショートカットを削除してください。そして、InstallESD.dmg 内の Packages フォルダをコピーします。

f:id:egyo2nd:20131023134022p:plain

f:id:egyo2nd:20131023134036p:plain

これでUSB起動インストーラが完了です。システム環境設定の起動ディスクから OS X Base System が選択できることを確認してください。

f:id:egyo2nd:20131023134056p:plain

このインストーラを使って、ストレージをフォーマットして新規インストールしてもいいし、既存のパーティションにインストールしてOSアップグレードを行っても良し。好きなように Mavericks をインストール出来ます。

以上、ご参考になれば幸いです。